時代は華氏!摂氏の体温計を捨てよう

華氏体温計

華氏体温計

今どき摂氏で体温を計っているアウトオブデートな御仁はいないよね?
いや、いても別にいいんだけど、時代は華氏だよ華氏。

わたしは華氏表示の体温計をオークションで入手したので、これまで使っていたやつ(オムロン製)を思い切って捨てた。数字が小さいよりは大きい方がわくわく度が高くて素敵だと気づいたから。
だいたい、基礎体温マニアの女はともかく、体温を調べるというのは身体の異変を確認する作業なのだから、特別なイベント発生時に限定される行為だといえる。イベントなら楽しまないと意味がないし数字にインパクトがあった方がいい。それにアメリカに移住するためのすばらしい準備にもなるよね。

華氏⇔摂氏の換算自体は簡単な数式で求まるけれども、いちいち摂氏に直すのではなくて、感覚的にダイレクトにナチュラルに理解できるようになりたい。

32°Fが0°C
100°Fが約37.8°C
(欲張りな人は0°Fがだいたい-17.8°Cも暗記)
とりあえずこれだけ覚えておけばいい。そのうち華氏の間隔を体感で刻めるようになるはずだよ。0°F~100°Fで人間が生活できる気温をほぼカバーできるって素敵だよね。

少なくとも日本では38°C以上の体温を高熱とみなす雰囲気があるし、医学的に意味がある基準なんだと思う。体温に関しては(低体温症とかの人を除いて)100°Fを超えたらヤバいと覚えておけばいいんだから、じつにわかりやすいよ。
ちなみに212°Fが水の沸点だけど、普通の人はいかに早く沸かすか、言い換えればガスなのかIHなのかにしか興味がないからけっこう高温部分はどうでもいい。

残念ながら、ガチで華氏表示の体温計が国内で売られているのを見たことがない。
まったくないわけではなくて、たとえば家畜や食品の検品なんかに使われるガンタイプのものならamazon.CO.JP等でも買えるけれど、中途半端な両用式ばかりで話にならない。amazon.COMで買って日本にシッピングしてもらおうとしても、対象外のアイテムなので無理とかふざけたことを(英語で)言うもんだから困っちゃうよね。

 

華氏体温計

ファーレンハイト(Fahrenheit)最高!!

もし、アメリカ人が気温について「マイナス・スリー・ディグリーズ」とでも言ったなら、心の中でちょっと寒すぎやしないかと思っても、それが華氏を意味するのは自明であるから失礼のないようにしたい(アメリカ人にとっての「フットボール」がアメフト以外の何物でもないのと同じ)。水の融点と沸点の間を細かく180分割する華氏を、おおらかなアメリカ人が好むのを不思議に思う人がいるかもしれないが、むしろいちいち小数を言わなくても済ませられるから好まれるんだよ(たぶんね)。

 

 

余談
最も寒い中で行われたMLBのワールドシリーズ(通常10月末に開催)は、2009年コロラドと1997年クリーブランドの35°Fらしい((+_+))
高校生に炎天下で野球をさせるな連呼厨もビビる寒さだぜ。

The game-time temperature was 35 degrees, tying the record set when Cleveland hosted Florida in Game 4 of the 1997 World Series.

The majority of the Phillies and Rockies dressed as if they were hitting the ski slopes, wearing stocking caps, gloves and hooded sweatshirts as they lined up for pregame introductions.

↓スポーツ専門チャンネルのespnが言っているんだから間違いない

http://sports.espn.go.com/mlb/playoffs/2009/news/story?id=4552208

 

fat1365554122265
開幕直後のシカゴも寒い…
大半の選手が泥棒キャップを被ってプレーする

17 LOVEs

コメント待ってるよ(;´Д`)