Home > CRACK

イラレをクラックした際にTryout表記が消えない問題の対処法

  [Pr] [ad#co-1]     1.普通にインスコし直すのが一番 だけれど 意外とこれが厄介なので、さしあたっての対処法を紹介するよ(Cs6で検証)。 イラレに限らず起動時のスプラッシュ画面はpngファイルで出来ていて、これはWin764bitの場合、Program Files→Adobe→Adobe Illustrator CS6 (64 Bit)→Support Files→Contents→Windowsの中に格納されているんだ。 イラレの場合、ai_cs6_splash.pngとai_cs6_splash_tryout.pngがあって後者のTryout画像が起動時に表示されてしまうことが問題。だからこの2枚の画像の名前を入れ替えてあげる。つまりTryout画像(ai_cs6_splash_tryout.png)を普通の画像(ai_cs6_splash.png)に差し替えてあげる。これでとりあえず解決。   サンプル ちなみにpngファイルは700px×700pxで出来ているので適当な自前の画像を用意して差し替えれば、それが表示されるよ。 [ad]    

Read More

ネット検索でヒラギノフォントを見つける方法

[ad]   Macに標準搭載されているヒラギノフォントは、Winユーザーであってもその美しさに魅了されてファンになる人が多いと聞く。買ってファミリーで揃えようものならドン引きするくらい高額なので、ヒラギノ欲しさに中古の激安Macを入手する人もいるとかいないとか。 で、そのヒラギノが意外とネット上に転がっていたりするわけだ。 言うまでもなく検索してニヤッとするだけにとどめておかないとダメ((+_+)) 無料でダウンロードできるからと言って間違ってもインスコして使うとかはやめましょう。ダウンロードして確認したらゴミ箱にポイしましょ で、具体的な見つけ方は以下に記したとおり。 いうまでもなく、これは新ゴとかの○リサワ系フォントなんかにも応用できる。   1.ヒラギノ角ゴシックオンリーでよければ「osu! ヒラギノ」で検索 するとあれだ。長らくうpろーだーに放置されっぱなしのブツ(ウエイトはW3とW6)がヒットするね。パスもないし無料でダウンロードできてしまうんだけど、これは有名かな… 以上 2.ファイル名で検索する これはヒラギノに限ったことではないが…。ヒラギノフォントのファイル名は、いくつかあるけど、例えば「Hirakaku otf」とか「Hiragino otf」みたいな感じで検索すると、運がよければヒットする。otfというのはオープンタイプフォントの拡張子のことね。otfの代わりに拡張子をttfとかttcとかにしてもOKだし、zipやrarも有効。 3.中国語で検索する 中華系サイトは無敵すぎて、かなりヤバい感じでいろんなものが放置されているので、相当数の日本語フォントがアレな状態でアレっぱなし(ー_ー)!! ちなみに「黑体」はゴシック体のことで、「下载」はダウンロードの意味。 <Pr> [ad#ad-1]   4.「Index of font(orフォント名)」で検索(番外編) 「Index of~」はindexファイルがない時にページのタイトルに表示される文字列のことで、例えば「Index of  hiragino」みたいな感じで検索する。すると、indexファイルを設置し忘れちゃっていてしかも403エラーの処理がなされておらず、フォルダ内が丸見えのサイトがいくつかヒットして、大量のフォントが置かれているサイトがけっこう見つかる。 このたぐいのファイル置場系サイトでは、ヒラギノはなかなか見つからないはずなんですが…「Index of  hiragino」で検索した際に上位でヒットするsakura.ne.jpドメインのやつはチェキられたけど別のサイトの丸見えなフォルダ内に基本六書体が(ry   以上が「検索して見つける方法」だよ。 これ以外のことはノータッチなので自己責任で! わたしはMacも持っているからヒラギノは普通に使えるけど、とりわけ優秀なフォントだとは思わないからほとんど使わない…。ヒラギノ=美しい言説は、あまりにも醜すぎるMSゴシック及びMS明朝との対比で生まれたに過ぎないんじゃないかと思っている。 (function(d, s, id) { var js, fjs

Read More

あの有名なx-forceのサウンドを加工してみた

x-forceを起動するとなんとも言えないレトロなサウンドが流れるわけで,あの音を愛してやまないコアなファンもいるに違いない。少なくともAdobeクラッカーたちの間で知らぬ者などいないサウンドだと思う。自分はけっこう気に入っていて,音だけ抽出して音楽プレーヤーに入れて楽しんでるよ。   [ad]     まずオリジナルから ※▸ボタンを押すと音が流れるよ!   オリジナルだけじゃ物足りないので,適当に加工してエフェクトをかけてみたのが以下のファイル。本当に適当なので期待してはいけない。 ちょっとリバーブをかけて低音を強調してみた   電子サウンド感を強調してみた。これはいまいちだな…   ディレイさせたりリバーブさせたり歪ませたり全体的にエフェクトを効かせてみた。いじりすぎて自分でもどんな加工をしたのかよく覚えていない(-_-;)   次は動画を作ろうかな…

Read More

Adobe製品が簡単にCrackされてしまう理由を検証

[ad]   最近ものすごくアクセスが多いこのページですが、読み返したらあまりにも誤字脱字がひどいため、修正しました。それから、Adobeクラック問題にもう少し踏み込んだ別の記事を執筆中なので少し待っててね。 x-forceのサウンドで遊べる記事もよろしく(-_-;) Nov.20.2014 追記   AdobeといえばPhotoshop(フォトショップ、PS)に代表されるような、非常に高価なソフトウェアを取り扱うことでよく知られる。そのPSを筆頭に最新版が出るたびに常にソッコーでCrackされまくってきたわけだが、高額なソフトウェアにのわりには認証がザルすぎるとの指摘もある。 今回、なぜこれほどまでに簡単に割られてしまうのかについて、布団調査した見解を述べるよ。 CCになってちょっと複雑にになったけれど、やっぱりたいして進化していないわけで、CC 2014でもすでに割れた模様。以下ではAdobe製品の割れっぷりについて検証する。     1.割られてこそ一流の証だよ説 高級であるがゆえに、世界中のスーパーハッカーな人たちにとって、とっても割り甲斐のある対象である側面は否めないが、それにしても認証が適当すぎると思う。PS7.0なんておそらく世界で最も割られたソフトウェアだろうし、未だにシリアル付きのCD-ROMが巷間の写真教室なんかで出回っていて、割ったものがバリバリの現役で使われているらしい。 「コピーされてこそ一流よ」の名言を残したのはCHANELの生みの親であるガブリエル・シャネルであるが、まあそれに近いものがあるのかもしれない。割るほど価値のあるソフトフェア、かな。   2.割られることで市場優勢性を保つよ説 割った人のほとんどが機能の10%も使いこなせていないと思われるし、使うことに興味がなくて割ることだけに興味がある人も少なからずいる。After Effectsとかクラックしたところでほとんどの人は使い道なんてないだろう・・・と個人的には思う。 Premiereなんかはまだ趣味の範囲で使い道はあるだろうけれど、割れモノを使う人はパワーディレクターとかで十分事足りるような気がするし、 よその製品を使うくらいなら、儲けにはならないけどウチの製品を割ってくれた方がシェアを奪われなくて済むっていう戦略はひねくれすぎか。でも、他社製品を買わせないための抑止力としての効果はあると思うよ。 予断になるけれど、ニコニコ動画のサイトに行くとAfterEffectsとかPremiereとかの広告がやたら目に付くけど彼らは購買ターゲットなのか甚だ疑問。 割って使ってみてよかったら買ってね商法とまでは言わないが、割れモノによって作られた作品に感銘した人が触発されて買っちゃうってことはあるかもしれないよね。   3.黙認してやるからフリーソフトウェア使わないで説 Adobeの敵は割れモノユーザー(割れ厨ともいう)なんかではなくて、はるかに安価で買えてしまう他社製品であったり、フリーソフトなんだよね。 たとえばPhotoshopを例にとると、GIMPというオープンソースのソフトウェアがあって、これはかなり高度なことができてしまう。ちなみにGIMPではAdobeがケチってPS Elementsには一向に実装しないトーンカーブなんかも使えてしまうんだ。 PS CS6の定価が9万2,400円、同Extendedが13万1,250円という超高額なのに,同じようなことがフリーウェアでやれちゃったら誰も買わないわ。少なくとも高度なことをしない中級以下のユーザーはね。 ある程度割れモノを黙認することで使い手を増やす。使い手がいればネット上でadobeの情報が飛び交うし、高度にフォトショッピングされた画像が話題になればAdobeの技術力と存在感を世に知らしめることもできる。 っていう高度なマーケティング戦略だったりしてね。 [ad#co-1]   GIMP以外にもAdobe並みのレタッチができるソフトはいくらでもある。個人的によく使っているのはオンラインで操作できるhttp://pixlr.com/editor/  というサイト(1。雰囲気もフォトショップそっくりでPCのスペックが化石級にしょぼくなければ普通に使えると思う。 リサイズやアンシャープマスクの一括バッチ処理はRalpha(2というフリーソフトにバッコバコやらせている。   1)http://pixlr.com/editor/ (無料)   2)Ralpha(フリーソフト)http://www.forest.impress.co.jp/library/software/ralpha/   >次のページではさらに検証

Read More

VALUE-SERVERがハッキングされる2014年1月19日

1月19日の16時20分頃,何者かによってvalueserverのs1サーバー(http://s1.valueserver.jp/)が丸ごとハッキングされたみたいだよ。すべてのページのindexファイル(index.html,index.php,index..htmなど)が書き換えられた模様でサーバーの管理画面自体にもアクセスできず。具体的には各ドメインのトップディレクトリに(id.htm in.php index.php index.htm index.html)の5ファイルが置かれていたみたい(-_-;) 中の人たちも近隣住人たちもみんな騒然としていたよ。このブログもvalueserverを利用しているので、(じぶんはs1じゃなかったから直接の影響はなかったものの)他人事ではなかったよ(-_-;) 22時頃 再び改竄され、今度はファンキーな音楽が鳴り響く。 実際に使われていた音楽のurl ttp://www.thissongissick.com/blog/wp-content/uploads/2012/05/Knife-Party-Bonfire-Original-Mix.mp3 一部の人はindexファイルを再うpして復旧を試みたんだけど二度目の改竄被害が発生。シンプルなページだけど不気味さは相変わらずで、今度は音楽付きでgoogleのwebフォントまで使われていた。インドネシアがどうたらとか書いてあるけどほんまかいな(ーー;) で、じっさいに書き換えられたファイルのソースがこれ index.html , index.htm , index.php , id.htm inphpの内容 wp-admin/index.phpの内容 textはこちら index.txt  in.txt  admin_index.txt inphpの内容がどうもヤバいいらしい。サポート掲示板で、デコードするとバックドアとして機能するとの旨を指摘する非意図があらわれた。対策したいと悪意のあるページに書き換えられてもおかしくないとか・・超こわたん(-_-;) さらに、 s1.valueserver.jpの31337ポート(トロイの木馬に感染したときの Back Officeポート。通称「エリート」ポート)が空いているね。 http://b.hatena.ne.jp/entry/kumalog.com/2014/01/19201213.php らしい。 経営のトップは↓な感じだよ Google Glassをゲット。これからいろいろレポートします。初日の感想。僕の英語力では操作が困難w http://t.co/fmYQ31LHyw — 熊谷正寿 (@m_kumagai)

Read More